全面のフルリフォーム
ホームお墓をリフォームする > 全面のフルリフォーム

施工前

リフォーム前は、外柵と基礎の部分まで古い造りで、風化が激しい状態でした。
既存の墓碑・墓誌・塔婆立てなどをすべていったんよけて、耐震対策されたフジミ品質の基礎~外柵まで全てリフォーム。
その後に、いったんよけた既存の墓碑・墓誌・塔婆立てなどを戻すリフォームの方法をご紹介します。

いったん更地にする

1.墓碑・墓誌などすべてを敷地からよけて更地にします。

重機を使って既存の石材をいったん敷地の外に移動し、すべての石をはがします。

既存の墓碑の移動の様子

地震に強い基礎工事

1.更地を30cmほど掘る(根堀)

更地を30cmほど掘る(根堀)。

2.納骨室部分を残しグリ(砕石)を敷き詰めます

お墓中央に納骨室を作り、まわりに砕石(グリ)を敷き詰め、たたいてしっかりと固め強くします。
後から乗る周りの石材が後から沈まないようにするためです。

3.鉄筋施工

地震に備えて納骨室までの全てを鉄筋で施工します。

排水口パイプ
納骨室に湿気・水分が溜まらないようにするため、排水するためのパイプを入れます。

4.コンクリート打ち

コンクリートは強度計算したものを使用し、定型生コン業者の専門技術者がコンクリート施工を行います。
また、水抜きのための排水口を塩ビパイプを 残し、水はけを良くします。

外柵の取り付け

1.耐震ボンド・ステンレス金具でしっかり固定

墓石用ボンドとモルタルで据え。 耐震用ボンドとステンレス金具でしっかりと固定します。

2.板石の貼り付け

全面に御影石を貼り付けていきます。

納骨室には、水はけのいい玉砂利を敷き詰めます。

仕上げ

1.芝台の完成

芝台も、耐震用ゴムと耐震用ボンドしっかりと固定します。

耐震用ゴムと耐震用ボンドの施工の様子。

2.重機でもともとあった石材を戻す

いったんよけておいた石材を、 慎重に戻し、固定します。

3.完成

美しい印象に仕上がりました。 フジミのこだわり 納品の際には基礎工事から施工完了まで、 これまでの工程の様子の写真を、お客さまにお渡しします。

フジミ石材のこだわり

全ての工程写真をお渡ししています
お墓づくりで大切なのは「見えないところ」です。「見えないこだわり」をしっかりお見せするため、工程写真をお渡ししています。

施工事例

完成後15年の長期保証・アフターサービス