外柵だけを新しくリフォーム
ホームお墓をリフォームする > 外柵だけを新しくリフォーム

施工前

リフォーム前は、外柵と基礎の部分まで昔ながらの大谷石という古い造りで共に風化が激しい状態でした。
いまある石塔をそのままで、外柵だけを新しく建て替えます。
フジミ石材のリフォームは、納骨堂をキレイに保つための排水や、鉄筋補強、全面コンクリート打ちなど、基礎工事に徹底的にこだわり、施工完了後には「工程写真」をお渡ししています。

墓石を残して外柵を撤去

1.墓石・納骨堂を固定します。

既存墓石・既存納骨室は
動かさないように固定します。

2.外柵を慎重に撤去

廻りの外柵(大谷石)を
慎重に取り外して撤去します。

地震に強い基礎工事

1.30cmほど掘る(根掘)

更地を30cmほど掘る(根堀)。

2.排水口パイプを入れ込む

納骨室に湿気・水分が溜まらないようにするため、排水するためのパイプを入れます。

3.砕石(グリ)を敷き固め強くする

まわりに砕石(グリ)を敷き 詰め、たたいてしっかりと 固め、強くします。

4.鉄筋で補強

地震に備えて納骨室までの全てを鉄筋で施工します。

5.コンクリート打ち

コンクリートは強度計算したものを使用し、定型生コン業者の専門技術者がコンクリート施工を行い、水抜きのための排水溝をつけます。

失敗しないお墓作り

コンクリートを作るときに、手練りやミキサーを使用している業者もありますが、セメント・砂・砂利・水でできているため、強度が弱いコンクリートになってしまうことがあります。
手練りであっても強度計算さてたコンクリートもありますので、施工業者さんに確認してください。
フジミ石材では、定型生コン業者の専門技術者が、強度計算されたコンクリートを使って施工しています。

外柵の取り付け

1.外柵の内側を施工

根石・羽目・親柱・を中国産桜中目石を使用し墓石用ボンドとモルタルで据え。 外柵の内側には貼り石をし、 拝石がコンクリート製でしたので、桜中目石に交換します。

2.耐震ボンドでしっかり固定

墓石のほうには、竿石と上台 の間に耐震用ボンドでしっかりと固めてあります。

フジミ石材のこだわり

ステンレス金具の接合部分は、ねじ止め した上、必ず墓石用接着剤で固定します。

3.完成

美しい印象に仕上がりました。
フジミのこだわり 納品の際には基礎工事から施工完了まで、 これまでの工程の様子の写真を、お客さまにお渡しします。

フジミ石材のこだわり

全ての工程写真をお渡ししています
お墓づくりで大切なのは「見えないところ」です。「見えないこだわり」をしっかりお見せするため、工程写真をお渡ししています。

施工事例

完成後15年の長期保証・アフターサービス