お墓・仏具のまめ知識
ホーム > お墓・仏具のまめ知識
日本人が先祖代々引き継いできた仏事の作法やしきたりは、私たちの生活の中にしっかり根付いてきましたが、現在では身近に詳しい人も少なくなり、以外に知らないことが多いのではないでしょうか?
このページでは、仏事やお墓の購入に必要な知識やお墓にまつわる様々な情報をQ&Aでまとめています。
お墓は一生に一度の高価な買い物です。決して後悔のないように、よく調べ、熟慮の参考にしてください。

1.お墓を建てる時期は?

お墓を建てる時期に特に決まりはありませんので、
いつ建ててもいいというのが答えです。

一般的には百か日、一周忌などの周忌にあわせてというケース、あるいは春秋のお彼岸やお盆などの行事にあわせてという場合が多いようです。また、最近では寿陵といって、生前にお墓を建てる人も増えています。
もちろん、生前にお墓を建てても一向に構いません。一部では生前にお墓を建立するとすぐに人がなくなるといった俗説がありますが、これはまったくの誤りです。生前にお墓を建てることを寿陵といいますが、これは寿命を永らえるという意味で、逆に大変演義がよいことなのです。
さらに、寿陵の場合にはじっくりと時間をかけてお墓選びができるというメリットもありますので、家族と相談しながら場所やデザイン、石などを選び、自分好みのお墓を建てる人が増えています。
※ただ、まだお骨がないため、公営の霊園などでは寿陵できないところもあります。

faq_img01

2.自分の代でお墓の跡取りがいなくなる…

このような場合、お墓は無縁墓となります。

無縁仏とは法律上「葬られた死者を弔うべき縁故者がいなくなった墳墓」をさします。
霊園やお寺ではこのような場合、法律上の手続きを経た上で最終的に無縁墓の遺骨をお墓から取り出し、無縁・永代供養塔や万霊塔などに納めます。
こうした状況の受け皿になっているのが「永代供養墓」です。
永代供養墓とは、霊園やお寺などの管理者が供養と管理をするお墓で、跡取りのいない人でも安心して利用できる点がメリットです。

faq_img02

3.お墓の仕組みってどうなっている?

日本の伝統的なお墓の和型では基本的な構造に決まりごとがあり、
一般的には下図のような構造になっています。

faq_img03

4.永代使用権って何?

一般には墓地を購入するといった表現がされますが、とはいっても土地を買うわけではありません。購入するのは墓所を使用する権利で、このために支払う費用を永代使用料といいます。

お墓を購入するためには、まず墓所の永代使用権を購入する事が必要になり、その上で墓石や工事の費用がかかってきます。
永代使用権については、個々の霊園や墓地の契約内容をよく確認してください。
なお、改葬などで使用権を返還しても永代使用料は戻りません。また、この権利を転売することもできません。

faq_img04

5.お墓にかかる費用は?

お墓にかかる費用は、永代使用料、墓石代、管理費に分けられます。

【墓石代】
墓石代は墓石(付属品などを含む)の費用のほかに工事費がかかります。
墓石の値段は石の大きさと種類で数十万円から一千万円以上といわれますが、価格が高ければ品質が良いとは一概に言い切れません。
その理由のひとつとして、石の種類により取れる量に差があり、その多い少ないによって価格が決まってくるということがあげられます。

また、墓石に一番必要なことは耐久性です。
良い墓石の定義は3点あり、「硬度が高く」、「水を吸いにくく」、「石そのものに傷やムラがなくキメが細かい」ことです。現在、墓石によく使われる石は磨くと光沢の出る花崗岩で、石の色合いや組成物質の違いによって数十万円から数千万円までと価格にはかなりの幅があります。

【管理費】
管理費とは墓地にある施設の維持・管理(参道整備、水道整備、駐車場、緑地、墓地清掃)などに要する費用で毎年、支払うことになっています。費用の目安をお示しすると民間霊園の場合5,000円~15,000円程度が多いようです。
しかしこの管理費については、どこまで墓地の整備に費用をかけているか、またどこまで質の高い管理をするかによって変わることですので、一概に安ければ良いというものではありません。
管理費が不足していて、墓地が荒れた状態になっているケースもあり、この部分に対しては注意が必要です。
また管理費は長期にわたって支払われていない状態がつづくと、使用権を取り消される要因にもなるので忘れないようにしましょう。

faq_img05

6.墓地の種類は?

墓地には、大きく分けて公営の霊園と民営の霊園、
お寺の墓地の3つの種類があります。

【公営の霊園】市営墓地など、都道府県や市町村(地域や自治体)が管理している。
申込みに当たっては遺骨がすでにあることや、現住所が運営する自治体の管轄内にあることなどの条件があります。
どんな条件なのか?また、必要な書類や募集方法についても運営する自治体によって異なりますので、直接自治体にお問い合わせください。
※藤沢市営大庭台墓園や藤沢市営墓地、その他フジミ石材で施工事例のある霊園については、弊社からもご案内させていただきます。

【民営の霊園】財団法人や宗教法事が管理運営している。
民営墓地の場合は遺骨の有無や宗教の自由など、購入にあたっての資格や条件などはほとんどありません。
お墓の購入や工事については指定石材店に依頼することがほとんどです。
最近では公園型の霊園も多数あり、選択の幅も広がっています。

【お寺の墓地】宗教法人が管理運営している
お寺の境内にある墓地を購入することは原則的にそのお寺の檀家になることを意味します(例外もあります)。
ただ、寺院の外に造成される霊園は大規模なものが多く、この場合は宗教を問わないケースが多いようです。

faq_img06

7.石材店の選び方は

お墓の購入は一生に一度あるかないかのことですから、信頼の置ける石材店を選ばなければなりません。「石材店はどこも同じ」という見方もありますが決してそんなことはありません。

①最も重要なのが石材店の経営姿勢です。
説明や質問に十分答えずに一方的に墓石を押し付けてくる石材店は論外です。
購入する側の要望や事情をしっかりと聞く耳を持っているか、そしてその内容に見合った提案をしているかをチェックしましょう。
また、少し手も分からないことや疑問な点は積極的に質問してください。質問に的確かつ誠実に答えられるか、あいまいな回答をしていないかという点もチェックしておくべきでしょう。

②その石材店が実際に手がけたお墓をみせてもらいましょう
技術やデザイン力を持っている石材店なら、積極的にお墓を見せてくれるはずです。この際、そのお墓が建立して何年経過しているのか聞いてみると、どのくらい劣化しているかの参考になります。
※石によって劣化の進み具合は異なります

③購入にあたっては事前に見積書をもらいましょう
その際、あいまいな点がないか、詳細な内容が記載されているかチェックしてください。
見積書と請求額が異なる可能性があるのか、あるとすればどんな原因によるものなのかなども、事前に聞いておきましょう。

faq_img07

8.石の種類は?

墓石に使用する石は100種以上にのぼります。

石の種類は庵治石(あじいし)などの国内産が代表的な石種です。最近では、中国産・インド産・スウェーデン産など、その他の国の銘石も用いられています。 墓石に用いられている石に用いられる石の色は地域差がありますが、一般的には黒・白・グレー・グリーン・赤などが用いられます。 価格も石種によって大きく異なりますが、あまり安い医師を用いると、雨水を吸収して変色したり、劣化するなどの問題が起こります。 フジミ石材では50年、100年と保つ石材を使用していただきたいと思いますので、 お客さまのご要望と併せてお気軽にご相談ください。

faq_img08

9.お墓の形は?

お墓の形は、和型、洋型、デザイン墓石の3つに大別されます。

【和型】
一般的に上から順に棹石(さおいし)、上台、中台、芝台が積み上げられています。これに水鉢、花立、香炉がセットになっています。

【洋型】
オルガン型と言われる横型で奥行きが薄く、全面の上部に傾斜がついています。この洋型の延長戦上にみられるのがデザイン墓石で、日本でも近年このような墓石が増えてきました。

【デザイン墓石】
デザイン墓石は故人の趣味や想いなどを表現した自由な発想のデザインが特徴の個性あふれる墓石です。世界にひとつしかないお墓として、オリジナリティを追求する墓石に好まれています。

faq_img09

10.お墓の彫刻って何?

お墓に彫刻される文字といえば、○○家の墓などが一般的ですが、
宗教や宗派によっては独自の文字を入れるケースもあります。
最近は故人への想いなど、自由な文字や詩文を彫刻する墓石も増えています。

文字や詩文のほかに花などの彫刻を入れることも一般的になってきました。 これは個人の自由ですので制約はありません。

faq_img10

11.お墓を建てるときに必要な手続きは?

生前にお墓を建てるときには墓地の契約や管理規定などのほかに特別な許可等は要しませんが、 実際に納骨をされるときには埋葬許可が必要になります。

お墓に納骨する際には、死亡届を提出した市町村役場で交付される火葬・埋葬許可が必要です。この許可証を墓地の管理者に提出することで埋葬が可能になります。
また、通常、土地を取得した際には不動産所得税や固定資産税がかかりますが、お墓は土地の購入ではなく使用権の購入ですので、こうした税金はかかりません。
消費税については永代使用料や管理費にはかかりませんが、工事費や墓石の購入時は課税されます。
※お墓は相続財産の対象にはなりませんので、相続税が課せられることもありません。

faq_img11

12.開眼法要とは?

お墓は建てただけではただの石の塊にすぎません。
開眼法要によって仏の魂を迎え入れることによって、初めて礼拝の対象である石塔となります。

開眼法要は宗教や地域によって魂入れ・性根式・入仏式など呼称がかわります。
通常は納骨法要と同時に行われますが、時期についての決まりはありません。納骨法要と同時に行えない時は、年忌法要やお彼岸、お盆などの時期に行うのがよいでしょう。
また、寿陵(生前に建てるお墓)の場合はお墓が完成した時点で開眼法要を行うケースもあります。

faq_img12

13.お墓の改葬、移転はどうやる?

一度埋葬したお墓を他のお墓に移すことを改葬といいます。
この場合には法律の規定による手続きが必要です。

一般的には以下のような手順を踏みます。
まず、引越し先のお墓の管理者から「受け入れ証明書」を発行してもらいます。同時に前のお墓の管理者から「埋葬(埋蔵・収蔵)証明書」の発行を受けます。さらに、市町村役場にて申請して、「改葬許可証」を交付してもらいます。
この「改葬許可証」を前のお墓の管理者にて提示します。そして、新しいお墓の管理者に「埋葬許可証」を提出し、手続きは完了します。
また、前のお墓に遺骨が残っていればこれを取りだした後、住職に魂抜き(ただの石にしてもらう法要)をしてもらい、新しいお墓に納骨した際には「納骨法要」をしてもらいます。

14.お墓参りの決まりは?

お墓参りには特別な作法はありません。

通常はまず墓石を掃除し、線香や花などを添えて墓石に水をかけてからお墓の前で合掌します。
故人の好きだったお酒やお菓子を供えるのもかまいませんが、お墓参りが終わったあとには必ず片付けて帰るのが礼儀作法にかなっています。
また墓地が寺院にある場合は、お墓に行く前に本堂をお参りするのが作法とされています。
お参りの時期は自由ですが、春と秋の彼岸、祥月命日、お盆mお正月などが一般的です。

faq_img13

15.お墓にローンはあるの?

墓地や墓石の購入にあたってはローンもあります。

一括の支払いではなく、ローンを活用する方法もあります。
ただし、墓地や墓石のローンはすべての石材店が取り扱っているわけではなく、
ローンの組み方や内容についても石材店によって異なります。

当社ではローンでのお支払いを承っています。
詳細をご案内させていただきますのでお気軽にご相談ください。

faq_img14