基礎工事から完成まで
ホームフジミ石材のこだわり > 基礎工事から完成まで
失敗しないお墓選び

基礎工事は石材店によってやり方が異なります。
完成後は見えなくなりますが、基礎工事は住宅と同じでもっとも大切な部分です。
丁寧な施工がされているか、チェックする参考にしてください。

基礎工事

【事前予約で見学いただけます】

長い年月お骨を守るお墓。お墓の土台となる基礎工事は、「見えない部分こそ大切」を モットーにするフジミ石材がもっとも重要と考えるところのひとつです。

1.更地を30cmほど掘る(根堀)

墓地を購入した時の更地の状態を、深さ約30cmほど根掘りします。
失敗しないお墓作り

90cmくらいに深く掘る業者もありますが、深く掘りすぎるとコンクリートの量が増え、地盤がコンクリートの重さに耐えられなくなり、お墓が傾くことがあります。

2.納骨室の基礎を建設

お墓中央に納骨室を作って、まわりに砕石(グリ)を敷き詰め、たたいてしっかりと固め、強くします。

3.鉄筋を施行

地震に備えて納骨室までの、全てを鉄筋で施工します。

フジミ石材のこだわり

基礎には通常より強い、4分筋の鉄筋を使用します。

失敗しないお墓作り

鉄筋が入っていないと、地震のときに地面と同じ動きをすることになるので、 亀裂・歪みが生じてしまいます。

4.コンクリート全面打ち

フジミ石材では、耐震・耐久性を考慮して、納骨室まで全面コンクリート打ちを標準施工し、お墓が傾くことを防いでいます。

フジミ石材のこだわり

コンクリートは強度計算したものを使用し、定型生コン業者の専門技術者がコンクリート施工を行い、水抜きのための排水溝をつけます。

失敗しないお墓作り
外柵が乗る縁部分(下図:黄色い部分)にしかコンクリートを打たなかったり、手練りやミキサーを使用していることありますが、その場合、砂の上に置いた物が沈むように、年月をかけて少しずつお墓が傾くことがあります。
【コンクリートは強度計算されています】
コンクリートを作るときに、手練りやミキサーを使用している業者もありますが、セメント・砂・砂利・水でできているため、強度が弱いコンクリートになってしまうことがあります。 手練りであっても強度計算さてたコンクリートもありますので、施工業者さんに確認してください。 フジミ石材では、定型生コン業者の専門技術者が、強度計算されたコンクリートを使って施工しています。

外柵工事

【事前予約で見学いただけます】

1.土台の建設と接着

弾力性のあるゴム製の墓石用接着剤 (耐震性ボンド)で隙間をコーキングします。

フジミ石材のこだわり

ステンレス金具の接合部分は、ねじ止め した上、必ず墓石用接着剤で固定します。

失敗しないお墓作り
水平をとるために、モルタルと墓石用接着剤の両方を使用します。

モルタル(セメント+砂)だけで施工すると…
セメントは年月をかけて劣化し、いずれ剥がれてしまいます。コーキング剤がなくなって、石どうしが直接ぶつかってしまうと、すべって墓石がずれてしまいます。

接着剤だけで施工すると
墓石用接着剤(耐震性ボンド)だけでコーキングすると、水平をとることが難しく、墓石が傾いてしまうことがあります。 また、ゴム製の墓石用接着剤は非常に強力なので、お墓の移動やリフォームの時に取り外すことが難しくなって しまいます。※部分的な接着剤を丁寧に取り外すことは可能です。

墓石の建立

【事前予約で見学いただけます】

1.耐震棒設置

お墓の外枠となる塔婆立と腰石の間にステンレス製の 墓石転倒防止装置を入れます。
これは、地震などの強い衝撃も逃がし、 倒壊・傾きをかなりの程度防ぐことができます。

2.腰石の固定

見えなくなる一段階目の腰石の内側部分も、墓石用接着剤で石同士をしっかりと固定します。

3.納骨堂の設置

【二段目】
一般的なの納骨堂の2倍の 広さを確保します。

【一段目】
内部には五色砂利を散き骨壷が汚れるのを防ぎます。
【通気口】
通気口を設けて湿気を逃がし、お骨にとって更に快適な空間に。
フジミ石材のこだわり

フジミ石材では納骨室も石材を使用し、一般的な納骨堂の2倍の広さを確保します。

4.墓石建立

【墓石(石塔)を建てます。羽目石と同様、免震工法 にてシリコン製のゴムコーティングを施します。

5.耐震棒(エアダンパー)の設置

エアダンパーを墓石の竿石と上台の間にいれます。 地震の多い日本では、お墓の耐震性も重要です。震度5強の地震で多くの墓石が倒れるといわれている昨今、 大切なお墓を守るため地震対策を欠かすことができません。

フジミ石材のこだわり

石同士が設置する部分に滑り止め用ゴムと、 墓石用接着剤を使用します。

こうすることで地震に強くなりますが、 彫刻する際に業者にとって効率的ではないため、 とくに規模の大きい業者では簡略化しがちな工程です。

失敗しないお墓作り
専用ゴムを使った場合
ゴム製の墓石用接着剤は非常に強力なので、耐震強度も強くなります。

接着剤だけで施工すると
セメントは年月をかけて劣化し、いずれ剥がれてしまいます。コーキング剤がなくなって、石どうしが直接ぶつかってしまうと、すべって墓石がずれてしまいます。

仕上げ〜完成

【事前予約で見学いただけます】

1.目地のコーキング

エ墓石用接着剤(耐震性ボンド)で目地をコーキングする ことで、耐震制を高めます。
湿気を逃がすための換気口を設けます。

2.完成

美しい印象に仕上がりました。
フジミのこだわり 納品の際には基礎工事から施工完了まで、 これまでの工程の様子の写真を、お客さまにお渡しします。

フジミ石材のこだわり

全ての工程写真をお渡ししています
お墓づくりで大切なのは「見えないところ」です。「見えないこだわり」をしっかりお見せするため、工程写真をお渡ししています。

施行事例

完成後15年の長期保障・アフターサービス